お知らせ

最終更新日:2020年4月1日(水) 00時00分  コンテンツID:2-10-246-6053

空き家の適正な管理をお願いします

平成27年5月に空家等対策の推進に関する特別措置法が施行され、適正に管理されていない空き家所有者などへの措置が強化されました。空き家を所有・管理されている方は、適正な管理をお願いします。

空き家とは?
おおむね年間を通して居住、またはその他の使用(倉庫・物置など)がなされていないものです。

適正に管理されていない空き家とは?
次のような状態にあるものをいいます。
・建物が倒壊するおそれがある
・屋根、外壁等が脱落、飛散するおそれがある

・擁壁が老朽化し危険となるおそれがある
・石綿(アスベスト)が飛散する可能性が高い状況である
・設備の破損等により、汚物の流出や臭気の発生がある
・ごみ等の放置により、臭気、多数のねずみ、はえ、蚊等が発生している
・周囲の景観と著しく不調和な状態である
・立木の枝等が近隣の道路にはみ出し、通行を妨げている
・小動物が住みついて臭気が発生している
・不特定の者が侵入しやすい状態にある

空き家を適正に管理していないとどうなるの?
村は、助言又は指導により、所有者自らの意思による改善を促します。その後も改善されない場合は、勧告を行います。これにより固定資産税などの税額が上がる場合があります。それでも改善されない場合は、命令を行い、指定期限内に状態が改善されないときは50万円以下の過料が科されます。命令に従っていただけない場合は、村が建物を解体する「代執行」を行い、所有者などに解体費用を請求します。

近所の空家でお困りの方へ
管理不全な空き家の所有者が分からず連絡がとれない、所有者に何度伝えても対応してくれない、などといった場合は、役場にご相談ください。
ただし、村が関与できるのは、複数の方に被害が及ぶ場合に限られます。空き家の所有者と隣同士など1対1の関係に限定される場合は、民法上、被害を受ける恐れのある個人が、相手方に直接法的手段を行使する権利があるため、村は関与できません。

 

お問い合わせ先

建設課
電話番号:0257-45-3919
ファックス番号:0257-45-2818

最終更新日:2020年4月1日(水) 00時00分  コンテンツID:2-10-246-6053