お知らせ

最終更新日:2020年4月1日(水) 00時00分  コンテンツID:2-10-246-6055

刈羽村空家等対策計画を策定しました

適切な管理が行われていない空き家は、安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観の阻害等の問題を引き起こし、村民の生活環境に深刻な影響を及ぼします。
平成27年5月から「空家等対策の推進に関する特別措置法(空家法)」が施行され、これを受けて刈羽村では、「刈羽村空家等対策計画)」を令和2年3月に策定しました。今後はこの計画により空家等対策に取り組みますので、村民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

〇空家等対策計画とは
市町村の空家等対策の基本姿勢を示すもので、空家法6条に基づき、市町村がその区域内で空家等に関する対策を総合的かつ計画的に実施するため、基本指針に即して定められるものとされています。

計画策定に至る経緯
空家等対策計画の策定にあたっては、学識経験者と地域の代表者からなる空家等対策協議会を設置し、計画に関する意見の聞き取りを行いました。

〇計画の基本方針
1.所有者管理の原則

空き家は私有財産であり、所有者等が自らの責任で管理することが原則です。

2.適切な管理と利活用の促進
空き家の適切な管理に関する働きかけを行います。また、所有者の意向を踏まえた利活用の促進を図ります。

3.特定空家等への取り組み
周辺に悪影響を及ぼす特定空家の所有者に対し、空家法に基づく行政指導を行うなど、問題解決を図ります。

 

お問い合わせ先

建設課
電話番号:0257-45-3919
ファックス番号:0257-45-2818

最終更新日:2020年4月1日(水) 00時00分  コンテンツID:2-10-246-6055