手続き・申請・業務

最終更新日:2018年1月4日(木) 08時30分  コンテンツID:4-10-245-5208

刈羽村新生児聴覚検査費助成事業について

 刈羽村では、平成30年1月から新生児聴覚検査費の助成を始めました。

 早期発見により適切な支援を行うことで、聴覚障がいによる音声言語発達等への影響が最小限に抑えられることから、新生児聴覚検査の実施は重要だといわれています。

<助成対象者>
 下記の対象検査を受けた新生児(平成30年1月1日以降に出生)の保護者であり、検査当日に村内に住所がある方

<対象検査>
 
新生児期の入院又は外来で実施した⑴自動聴性脳幹反応(AABR)又は⑵耳音響放射(OAE)による初回検査及び確認検査
※確認検査は、初回検査で要再検(Refer)となった場合に実施したものとします。

<助成金額>
 
初回検査及び確認検査にかかった費用の一部(それぞれ上限額5,000円)を助成します。

<申請書類>
⑴刈羽村新生児聴覚検査費助成申請書(様式第1号)

※申請書は窓口にも置いてあります。
⑵検査を受けた医療機関発行の領収書、診療明細書(検査のみの金額がわかるもの)の写し
※明細がわからない場合、医療機関で申請書裏面の「新生児聴覚検査費領収証明書」に記入してもらってください。
⑶母子健康手帳(検査の結果が確認できるもの)の写し

<申請方法>
 
上記の書類と印鑑を持参の上、役場福祉保健課(1階2番窓口)へ申請してください。担当者が申請内容を確認し、後日指定の金融機関口座へ助成額を振り込みます。
 
<お問い合わせ>
 
刈羽村役場福祉保健課 TEL0257-45-3916
最終更新日:2018年1月4日(木) 08時30分  コンテンツID:4-10-245-5208