手続き・申請・業務

最終更新日:2020年4月1日(水) 08時00分  コンテンツID:4-10-245-6107

戦没者のご遺族に第十一回特別弔慰金を支給します

1.概要
 戦後75周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となられた戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

2.基本的な支給条件
①令和2年4月1日までに援護法の弔慰金の受給権を取得していること
②令和2年4月1日時点で戦没者に対する公務扶助料や遺族年金を受給している遺族が一人もいないこと
※同一の戦没者に対して遺族代表1名が請求できます

3.請求者の基本条件
①請求者が令和2年4月1日現在日本国籍である
②親族に戦没者がいる
③請求者が戦没者の死亡当時に生まれていた
④請求者が戦没者と三親等内にある
【注意事項】
・①と②は必須条件、③か④どちらかに該当することが条件になります
・戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、請求順位が入れ替わります
・三親等内親族が請求する場合、戦没者等と1年以上同一生計であることが条件です

4.請求期間
 令和2年4月1日(水)から令和5年3月31日(金)まで


5.必要書類
①請求書類等一式(福祉保健課窓口に用意してあります)
②印鑑(特別弔慰金の国債を受領する際に使用するもの)
③請求者の戸籍抄本等
④本人確認書類(運転免許証、保険証等)
※請求者の状況により必要な書類が異なります。詳しくはお問い合わせください。

6.支給内容
 額面25万円、5年償還の記名国債

前回受給者が令和2年4月1日以前に亡くなっている場合、支給順位に基づき、他のご遺族の方で受給権がある方に請求権が移行する場合があります(転給遺族)。
 転給遺族または新規対象者については、前回受給者と異なり、初めて特別弔慰金を受給される方になりますので、役場で確実に対象者を把握することが難しくなっています。
 戦没者のご遺族の方で請求権を確認したい場合は、お問い合わせください。


<お問い合わせ・請求先>
 刈羽村役場福祉保健課(庁舎1階2番窓口) TEL:0257-45-3916
最終更新日:2020年4月1日(水) 08時00分  コンテンツID:4-10-245-6107